DFIロゴマーク

企業としての取り組み
Approach

CSR基本方針

DFIでは、企業理念「世界の人々の生活・文化に貢献する」のもとに、CSRの基本姿勢を定めています。社会からの信頼に誠実に向き合い、期待を越える新たな価値を創造することで社会の持続的な発展に貢献する事と安心・安全でより豊かな社会の実現をめざします。
人と人をつなぐ通信・エネルギーの発展のため、全てのステークホルダーを重視した経営を行い、オープンで公正なコミュニケーションを通じて、ステークホルダーとの健全な関係の維持・発展に努めるとともに、新たな社会的価値の創出にチャレンジを続ける。

社会貢献活動

社会貢献への取り組み

公益財団法人オイスカ

公益財団法人オイスカの「子供の森」計画は、子どもたち自身が、学校の敷地や隣接地で苗木を植えて育てていく実践活動を通じて「自然を愛する心」「緑を大切にする気持ち」を養いながら、地球の緑化を進めていこうというプログラムです。
株式会社DFIでは、未来を担う子どもたちの環境を守る活動として趣旨に賛同し、職場や家庭の古本の寄贈活動により「子どもの森」計画サポートプロジェクトへの協力を実施しております。

公共財団法人オイスカの詳細はこちら
  • 古本買取りボックス古本買い取りサービスを活用し、読まなくなった本を集めてダンボールに入れ、買い取り業者に渡しています。
  • オイスカ 「子供の森」計画古本買い取り金額が オイスカ 「子供の森」計画 の寄附 となり、子どもたちの 森づくり活動に活用されます。
交通安全運動

地域社会への持続的な社会貢献活動として、近隣の住民、企業の方々が安心した生活を続けられるように取り組みを行っております。交通量の多い朝の通学・通勤時間帯において毎月1度1時間、交通安全運動に励んでおります。また、季節毎の交通安全キャンペーンにも積極的に参加させて頂いており社会貢献活動を実施しております。

  • 春の交通安全運動に伴うキャンペーン春の交通安全運動に伴うキャンペーンに弊社も参加しました。
地域清掃活動

地域貢献のひとつとして、名古屋市が推進している環境に配慮した取り組み「全市一斉クリーンキャンペーン・なごや」に積極的に参加をしています。清掃活動に加え、ごみ・資源の分別、リサイクルも実施しております。

名古屋市エコ事業所認定

2015年8月に環境に配慮した事業活動の一連の取組みが評価され、この度「エコ事業所」として認定されました。今後も地球環境保全に向け、エネルギーや資源を効率よく使用し、環境負荷の低減に努めます。「エコ事業所」認定制度とは、事業活動における環境に配慮した取組を自主的かつ積極的に実施している事業所について、地方自治体が「エコ事業所」として認定するものです。

社会体験支援事業(まえジョブ)への協力

働くことに一歩踏み出せないと思っている若者のために、「まえジョブ」制度を利用して将来性のある方の活躍を支援しています。実際に当社の職場の空気を感じてもらいながら、リアルな『しごと』を体験して頂きます。こういった体験から入社にいたった実績もあります。

【まえジョブ】とは _____
「まえジョブ」とは 、「若者を長期就労につなげること」を目的とした新たな取り組みです。
就労ステップとして実際の企業において就労体験の機会を作り、就労に対する前向きな姿勢作りを促すことを 目的としています。

~このような方々を支援します~
①就労体験を経て自信をつけたい方
②「働く」ことを身近に感じてもらい、理解の応援したい方々
③社会に出ても役に立てる気がしないと思っている方
④自分に合う仕事に就きたいけれど、それが何かわからないと思っている方
⑤上司や同僚と上手くコミュニケーションがとれるか心配な方
⑥「はたらく」という感覚がそもそもわからない、辞めてからしばらく経ち忘れてしまった方
⑦いつも途中で仕事を辞めてしまう、長続きしない方 等